Loading...

今の話?未来の話?ごっちゃにならないGoogle翻訳での英訳のコツ

英語で話すにも日本語で話すにも、雑談には基本のパターンがあって、日々していることの話をするのもその一つ。

文章の流れはだいたい何々していますという形になりますから、Google 翻訳で英訳するのもそう難しいことではないように思えます。

ところが意外な落とし穴が。

日本語と英語での文法の違いが原因で、〇〇しているという意味で使われる動詞の現在形と、今現在〇〇しているという意味での現在進行形が混同されかねないのです。

習慣と現在の動作の使い分け

習慣や日課として何々していると言いたい時、英語では現在形の動詞が使われます。

I go out for lunch on every sunday

そして現在の動作を表すには現在進行系が使われます。

I’m going out for lunch

ところが日本語の「〇〇している」は、今行っている動作を表すときにも、また習慣として行っていることを表すときにも使われるのです。

最近はジムに通っています

こうなると解釈が微妙になってしまいます。

日々の習慣の話をしたいはずが、今現在何をしているかという話に誤訳される場合も起こりうるのです。

これを防ぐためには、習慣を表す場合と現在の動作を表す場合を分ける必要があります。

Google翻訳での訳しわけ

まずは習慣の話をしたい場合。これを英語で表現するには、動詞の現在形を訳文に含めるよう英訳させる必要があります。

Google 翻訳で英訳させて動詞の原形を出力させるには、日本語の動詞の方も一番シンプルな形、すなわち「〇〇する」という表現がベストでしょう。

私は友達とボードゲームで遊ぶ。
I play a board game with my friends.

また定期的にやっていることということを強調するため、毎日であるとか週に一回であるとか、頻度に関することを付け加えるのもいいでしょう。

毎週日曜に、友達とボードゲームで遊んでいる。
Every Sunday I play a board game with my friends.

タイミングを明示する言葉を含めるのは、今現在行っている動作を現在進行系の同士として英訳させたい場合にも使えます。

今現在ジムに通っている。
I am going to the gym now.

場合によっては、「〇〇する」の文章が「I will~」を使った未来形として英訳される場合もあります。

買い物に行きます。
I will go shopping.

比較的まれなケースではありますが誤訳は誤訳。できるならミスの可能性は取り除いておきたいもの。

この場合にもタイミングを明示する言葉を含める手が有効です。

毎週水曜の午後には買い物に行きます。
I go shopping every Wednesday afternoon.

まとめ

「~している」という、一見なんでもない表現にも、日本語と英語の文法のちょっとした違いで意味が大きく変わってくるという落とし穴があるもの。

機械翻訳をうまく扱うためには、日本語と英語の間でどんな表現が混同されやすいかを理解することが重要。

その上で、自分はどの意味を伝えたいかを意識し、より適切な表現を選びましょう。そうすれば、Google翻訳に頼りきりであっても十分に意思疎通ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA